祖父名義の土地を孫が相続できるか

Aさん:「現在、祖父も父も健在ですが、もし祖父に相続が発生したら、祖父が所有していた土地の名義を、孫である私の名義に直接変更することはできますか?父には既に持ち家があるので、将来私が祖父の土地を相続して家を建ててはどうかいう話になったのです。」

たかこサン:「今回のケースでは、お父様が法定相続人となり、孫のAさんは相続人となりません。ですので、お祖父様からAさんへ相続によって直接土地の名義を変更することはできません。今の状態でお祖父様が亡くなってしまうと、相続によってお父様に名義変更した後に、お父様から生前贈与を受けるしかありません。この場合、「相続」と「贈与」の2回の登記手続きが必要になり、贈与税などの税金も課税されるため、費用面で得策とは言えません。遺言書があれば、祖父から孫に直接名義変更できます。

たかこサン:「このような相続関係であっても、お祖父様が生前に遺言書を作成しておけば、お祖父様からAさんへ直接名義変更が可能になります。具体的には、「遺言者は、遺言者の有する後記不動産を、孫A(平成○年○月○日生)に遺贈する」というような内容の遺言書を作成します。こうしておけば、「遺贈」によりお祖父様からAさんに直接土地の名義を変更することできますよ。」

石川金沢相続サポートセンターのご相談は無料です、お問合せ・ご予約はお気軽にどうぞ 0120-779-155 石川金沢相続サポートセンターのネットでの相談予約はこちら

0120-779-115

 

----heatmap----- ----heatmap-----