配偶者居住権の新設

Aさん

 私の財産は自宅(約2000万円)と預金(約2000万円)で、相続人は妻と長男です。自宅は私と妻で住んでおり、長男とは疎遠なため、自分が妻より先に亡くなった場合、妻の生活が心配です。

妻と長男には、それぞれ法定相続分である1/2ずつの財産を相続させたいと思っていますが、妻が自宅を相続するとそれだけで法定相続分になってしまいます。住むところは確保できても、それだけだと生活費が心配で・・・

たかこサン

 残された配偶者の生活への配慮等の観点から、2018年の民法改正で「配偶者居住権」という権利が創設され、2020年4月1日に施行されます。

配偶者居住権」とは、配偶者が相続開始時に居住していた被相続人所有の建物を対象として、終身又は一定期間、配偶者に建物の使用を認めることを内容とする法定の権利です。

この配偶者居住権は、遺産分割で取得できるほか、被相続人の遺言等によって取得させることもできます

具体的には、下図のように自宅建物を「配偶者居住権」と「配偶者居住権の負担付所有権」とに分けて考え、配偶者が「配偶者居住権」部分を相続することで、配偶者は自宅での居住を継続しながら、その他の財産も相続できるようになるというものです。

この制度の導入により、Aさんのような財産構成の場合でも、奥様に預金を相続させることができ、奥様のご生活の不安も軽減されるのではないでしょうか。

 

石川金沢相続サポートセンターのご相談は無料です、お問合せ・ご予約はお気軽にどうぞ 0120-779-155 石川金沢相続サポートセンターのネットでの相談予約はこちら

 

----heatmap----- ----heatmap-----