保険契約者の変更と税金

Aさん

 このたび息子が結婚することになりました。そこでいままで息子にかけていた私名義の生命保険契約を、今後は息子に保険料を払っていかせるために息子名義に変更し、受取人も私から息子の嫁にしてあげようと思います。ただ、保険の契約者変更は税金の心配があると聞きました。この手続きで本当に税金がかかってくるのでしょうか?

たかこサン

 子供の結婚を機に、これまで親が子供のためにかけていた保険を見直すことはよくあります。これまで親が保険料を負担していた保険契約をそのまま子供に移すわけですから、その時点で税金がかかりそうなイメージですが、実は契約者変更の時点では税金が課されることはありません。ではいつ課税されるのかというと、実際に保険金が支払われたときにはじめて、受取人に贈与税が課税されるのです。

Aさん

 ということは、課税される時期は保険契約者の変更からずいぶん後ということになりますね。新たに受取人になる息子の嫁が申告をし忘れてしまいそうです。そもそも税務署は過去の契約者変更を把握しているのですか?

たかこサン

 確かに、保険契約者の変更は、保険金に対する課税が複雑なために申告漏れも起きやすく、税務署側もこれまでは保険契約の変更を把握することができなかったため、適正に課税できていませんでした。

 しかし2018年1月から、保険会社が税務署に提出する「支払調書」の提出基準と記載内容が変更され、保険金が支払われる時点の契約者(新契約者)が払い込んだ保険料の金額や、契約者の変更回数が記載されることになり、保険の契約関係の推移が税務署に把握されることになりました。したがって2018年以降にこのような契約者変更をすると、将来、死亡保険金や満期保険金を受け取った際に、その一部に対し贈与税が確実に課税されることになります。(親から子や子の配偶者への贈与として)

また、契約者と被保険者が異なる契約において、契約者の死亡により契約者の地位を相続した場合、保険金の支払いがなくとも相続による契約者変更の時点で税務署に調書が提出されるようになったことから、相続税申告において「生命保険契約に関する権利」(解約返戻金相当額)の計上が漏れた場合に、税務署に指摘される可能性が極めて高くなったといえるでしょう。

契約者変更と税金の関係は複雑ですので、何らかの理由で保険契約者を変更する場合は、保険会社の担当者のほかに、できれば身近な税理士にも相談して、どのタイミングでどのような税金がかかるのかを事前に正確に把握しておきたいですね。

石川金沢相続サポートセンターのご相談は無料です、お問合せ・ご予約はお気軽にどうぞ 0120-779-155 石川金沢相続サポートセンターのネットでの相談予約はこちら

 

----heatmap----- ----heatmap-----