地積規模の大きな宅地の評価

Aさん

 父が広い土地を所有しています。相続税対策のため活用することを検討してみたのですが、マンション建設には適さない土地らしく、結局空き地のままになっています。このままだと、その土地にかかる相続税だけでもかなりの金額になってしまうのでは・・・と今から不安です。

たかこサン

 広い土地は様々な方法で活用できそうに思えますが、そうではないことも多いですよね。これまでの「広大地評価」が平成29年の財産評価基本通達の一部改正により廃止され、平成30年1月1日以後に相続等により取得した土地については「地積規模の大きな宅地の評価」を適用して評価することとされました

 「広大地評価」は、適用できれば大きく評価を下げることができましたが、適用基準が曖昧で、不動産鑑定士の意見を聞かないと適用が難しいものでした。

 「地積規模の大きな宅地の評価」では広大地評価ほどの減額は見込めませんが、適用基準が明確になったため、適用できるケースが増えると思われます。

Aさん

 父の土地にその評価方法が適用できるかどうか、どうしたら分かるのでしょうか?

たかこサン

 地積規模の大きな宅地の要件は、以下の通りです。

①三大都市圏においては500㎡以上(三大都市圏以外の地域においては1,000㎡以上)の地積を有していること

②路線価地域の土地については、普通商業・併用住宅地区及び普通住宅地区に所在する土地であること

市街化調整区域(都市計画法第34条第10号又は第11号の規定に基づき宅地分譲に係る開発行為を行うことができる区域を除く。)に所在しないこと

④都市計画法の用途地域が工業専用地域に指定されている地域に所在しないこと

指定容積率が400%(東京都の特別区においては300%)以上の地域に所在しないこと

大規模工業用地に該当しないこと

上記の要件を満たしていれば、適用することができます。

国税庁からフローチャートなども出ていますので、そういったものを利用すると良いかもしれません。

また、地積規模の大きな宅地の評価」では、不整形地の補正などその土地の減価要因による補正も適切に行う必要があります。実際に評価が必要な場合は、専門家にご相談されることをお勧めします。

石川金沢相続サポートセンターのご相談は無料です、お問合せ・ご予約はお気軽にどうぞ 0120-779-155 石川金沢相続サポートセンターのネットでの相談予約はこちら

 

----heatmap----- ----heatmap-----