負担付遺贈とは?

Aさん:「遺言で、息子に財産を相続させる代わりに妻の介護をしてもらいたいのですが、そのようなことは可能でしょうか?」

たかこサン:「はい、可能です。これは【負担付遺贈】というもので、財産をあげる見返りとして、なにかしらの義務を負担してもらう遺贈となります。義務の内容としては、たとえば妻の介護のほかにも、「障がいのある子供の面倒を見る」、「住宅ローンを負担してもらう」、「残されたペットの面倒を見る」などが考えられます。」

Aさん:「負担付遺贈をする場合、なにか注意する点はありますか?」

たかこサン:「まずは負担の内容を明確にすることです。漠然とした内容では負担の実行が難しくなります。そして遺言執行者を指定して、ちゃんと実行するか見守ってもらうことです。その確認がなければ、財産だけを取得して、負担を実行しないことも考えられます。なお、もちろん受遺者はこの負担付遺贈を放棄することもできますので、生前に受遺者としっかり話し合っておくことが必要となるでしょう」

石川金沢相続サポートセンターのご相談は無料です、お問合せ・ご予約はお気軽にどうぞ 0120-779-155 石川金沢相続サポートセンターのネットでの相談予約はこちら

 

----heatmap----- ----heatmap-----