遺言書はいつ作成するべきものでしょうか?

Cさん:「いつか遺言を作ろうと思っています。私はまだまだ若いですが、何歳くらいになったら遺言を作成すればよいでしょうか?」

たかこサン:「遺言は死期が近づいてからするものと思っておられる方がいますが、それはまったくの誤解です。人間は、いつ何時、何があるかも分かりません。いつ何があっても残された家族が困らないように配慮してあげるのが遺言の作成ということだと思います。最近では、かなり若い人でも海外旅行へ行く前等に遺言書を作成する例も増えています。遺言は、残された家族に対する最大の思いやりといえますね。」

Cさん:「そうですか。残された家族への思いやりの表れが遺言の作成ということであれば、年齢は関係ないですね。」

たかこサン:「また、遺言は判断能力があるうちは死期が近くなってもできますが、判断能力がなくなってしまった場合は遺言ができなくなります。遺言をしないうちに判断能力がなくなったり、万が一のことが起きてしまっては、家族の悲しみが倍加する場合もあると思われます。すなわち、遺言は元気なうちに備えとしてこれをしておくべきものといえますね。」

石川金沢相続サポートセンターのご相談は無料です、お問合せ・ご予約はお気軽にどうぞ 0120-779-155 石川金沢相続サポートセンターのネットでの相談予約はこちら

 

----heatmap----- ----heatmap-----