遺言を遺したほうがいい方

Cさん:「将来の相続のために、遺言をのこしたほうがいいケースを教えてほしいです。」

たかこサン:「遺言は、人が自分の死後の為に残す最終の意思表示です。以下のような希望がある方は遺言をのこされると良いでしょう。」

Cさん:1.相続人以外の方に財産をのこしたい
      (例:お世話になった知人に財産をのこしたい、配偶者の連れ子に財産をのこしたい)
     2.法定相続分と異なる相続を実現したい
      (例:子のない妻に全財産をのこしたい、面倒を見てくれる子に多く財産をあげたい)
     3.個々の相続人ごとにそれぞれ必要な財産を相続させたい
      (例:同居中の子供に自宅を相続させたい、家業を継ぐ子に事業を承継させたい)

たかこサン:「また、遺言で自分の意思を明らかにしておけば、相続人間でのトラブルを避けられ、財産の承継もスムーズに行えます。以下のケースに該当する方は、相続人間でのトラブル発生や遺族への財産のスムーズな承継に支障が出る可能性があるので、遺言書の作成を検討すべきと言えるでしょう。」

Cさん:「「私にも影響があるのでしょうか・・。新たに課税対象者になってしまう例を知りたいです。」

たかこサン:「では、法定相続人が妻と子2人、遺産が6000万円の場合でシミュレーションしてみましょう。現行制度では【5000万円+(1000万円×3人)】で8000万円の基礎控除があります。よって、遺産の額6000万円が基礎控除額8000万円に満たないため相続税はかかりませんでした。それが、改正後は【3000万円+(600万円×3人)】で4800万円の基礎控除となり、遺産6000万円との差額である1200万円に対し相続税がかかることになります。」

Cさん:1.法定相続人の人数が多い
    2.家族や親族が疎遠である、行方不明の法定相続人がいる
    3.前妻と後妻にそれぞれ子がいる
    4.夫婦の間に子がいない

たかこサン:「他にも様々なケースに遺言は有効です。みなさまもこの機会に遺言について考えてみてはいかがでしょうか。」

石川金沢相続サポートセンターのご相談は無料です、お問合せ・ご予約はお気軽にどうぞ 0120-779-155 石川金沢相続サポートセンターのネットでの相談予約はこちら

 

----heatmap----- ----heatmap-----