結婚して20年以上になるご夫婦間のご自宅の贈与について

Cさん:「妻に自宅を贈与したいと思っていますが、贈与税はかかりますか?」

たかこサン:「結婚して20年以上の場合は、ご自宅やご自宅の購入資金を贈与した場合、贈与税が最高2,110万円まで非課税となる制度がありますよ。」

Cさん:「そんな制度があるんですか。私達も結婚して20年以上たっているので、贈与税のことは大丈夫そうですね。」

たかこサン:「そうですね、この贈与税の特例の適用を受けるためには、「①ご夫婦の婚姻期間が20年以上であること、②ご自宅の贈与又はご自宅の購入資金の贈与であること、③贈与を受けた年の翌年3月15日までに、贈与を受けたご自宅に実際に住んでおり、その後も引き続き住む見込みがあること」の3要件があります。」

Cさん:「手続きはどのように行うのですか?」

たかこサン:「まずは、贈与するご自宅の評価額を計算して2,110万円以下かどうかをチェックします。2,110万円を超える場合は、どれくらい贈与税がかかるかもチェックします。次に奥様との贈与契約書を締結し、不動産の名義変更登記を行います。また、贈与を受けた年の翌年3月15日までに贈与税の申告をすることも必要となります。」

Cさん:「結構大変なんですね。」

たかこサン:「そうですね、専門的な知識が必要となるので、実際に行う場合は専門家に相談して下さいね。」

石川金沢相続サポートセンターのご相談は無料です、お問合せ・ご予約はお気軽にどうぞ 0120-779-155 石川金沢相続サポートセンターのネットでの相談予約はこちら

 

----heatmap----- ----heatmap-----