不動産の相続登記

不動産の相続登記は必ずやらなければいけないの?

亡くなられた方が不動産を持っていた場合、不動産の名義を相続人に変更する手続き(相続登記)が必要となります。

しかし、この相続登記は義務ではなく、行わなかった場合でも罰金があったりするわけではありません。

とはいえ、そのまま放置しておくと以下のような問題が生じる場合があります。

<手続きが難航する>
相続人に新たな相続が発生し、遺産分割協議をする相続人がどんどん増えていきます。

そうすると人間関係が薄い者同士の話し合いになりますので、手続きが難航し、また、専門家に支払う費用も増大していく傾向があります。

<売りたくても売れない不動産>
不動産を売却したい場合や、お金を借りて担保をつけたい場合、亡くなられた方名義のまま手続きをすすめることはできません。

事前に相続登記をする必要があります。

放置することにより、売りたくても売れないお金を借りたくても借りれないという状況に陥る可能性があります。

<固定資産税の負担>
亡くなられた方が持っていた不動産は、相続手続きが完了するまでは相続人全員の共有となります。

そのため、固定資産税は相続人全員が納付する義務があることになります。相続手続きが完了するまでは「代表相続人」を指定して、その方が代表して固定資産税を納付しますが、「代表相続人」が納税義務を全負担するわけではありません。

そのため、「代表相続人」が固定資産税を滞納した場合などは、他の相続人が全く身に覚えのない
不動産についての固定資産税の納付を求められてしまうケース
があります。

このような問題を避けるためにも、相続発生後、早めに相続人同士で話し合いを持ち、速やかに相続登記をしておくことをおすすめ致します。

 

相続登記は、一般の方にはなじみが薄く、とても面倒な手続きです。

初回1時間の無料相談もおこなっておりますので、お困りの場合は、ぜひ、むかい税理士法人、むかい司法書士事所、むかい行政書士事務所までお気軽にお問合せください。

石川金沢相続サポートセンターのご相談は無料です、お問合せ・ご予約はお気軽にどうぞ 0120-779-155 石川金沢相続サポートセンターのネットでの相談予約はこちら

 

----heatmap----- ----heatmap-----