事業承継の流れ

事業承継を行うにあたって最初にやるべきことは、会社を取り巻く状況を正確に把握し、整理することです。
すでに後継者が決まって、後は引き継ぐだけという会社もあるかもしれません。

その場合でも、会社の経営資産やリスク、経営者の資産や負債などを調査し、事業承継にかかるコストを把握したり、理想の事業承継をするためにどのような手順で行うのがよいのかを検討します。

ここでは、そのような事業承継の一般的な流れについてご紹介します。
事業承継の流れなどを知ることにより、事業承継のために何が必要なのかが分かり、失敗のない事業承継を達成出来ます。

事業承継の流れ

1.現状の認識

事業承継をするにあたってまずするべきは、現状の認識です。
現在の会社の状況を調査し、会社を取り巻く状況について把握します。

把握しておくべき内容については、
1)会社の経営資源・負債(ヒト・モノ・カネ)
2)経営者自身の状況(資産・負債・健康)
3)後継者候補の現状
4)相続に予想される問題
などがあります。

2.事業承継方法および後継者の選定

事業承継にあたっての現状分析が出来たら、どんな事業承継を行うのかを決定します。
主な事業承継の方法として、次の3つの方法があります。

1)親族への承継(親族内承継)
2)役員や従業員への事業承継
3)M&A
>>詳しくは「事業承継の種類」をご確認下さい

以上の中から承継方法を決め、後継者を選定します。

3.事業承継計画の立案

事業承継にあたり、課題となるポイントが分かったら、どのようなステップでそれを達成していくのかを考えていかなくてはなりません。
すぐに実行できるものから、中長期にわたって対策していくものまで、様々なものがありますのでどのくらいの期間で事業承継の準備を進めていくのかも考える必要があります。

それを事業承継の計画としてまとめ、経営権の移譲、昇進計画、相続の準備と移行手順など、時期を定めて策定します。

4.事業承継計画の実施

作成した事業承継計画書に従って、事業承継を実施していきます。

当サポートセンターでは、事業承継にかかる調査から後継者選定のアドバイス、事業承継の計画立案までワンストップで対応しております。
事業承継の事で迷っている、悩んでいるという方は、ぜひ一度お話しをお聞かせ下さい。
経営者様のご希望に合った事業承継対策をご提案させて頂きます。

ご相談は無料です、お問合せ・ご予約はお気軽にどうぞ 0120-779-155 ネットでの相談予約はこちら
----heatmap----- ----heatmap-----